【活用・意味・実例まとめ】venir

語法

概要

原形) venir

過分) venu

品詞) 自動詞

代動) ×

助動) être

意味) 来る/(-de 不定詞で)したばかりだ など

英訳) come/have just Vp.p.

活用

n. v. はそれぞれ nous と vous の略です。各項目、語幹が共通するものを同じ色で表記しています。

※ アクサンシルコンフレクス(^)の有無は区別せず、複合時制の語幹には過去分詞の語幹を採用しています。

※ 複合時制での性数一致は複数の s だけを記載しています。

直説法

現在 / 複合過去 / 半過去 / 大過去

je viens
tu viens
il vient
n. venons
v. venez
ils viennent

je suis venu
tu es venu
il est venu
n. sommes venus
v. êtes venu(s)
ils sont venus

je venais
tu venais
il venait
n. venions
v. veniez
ils venaient

j’étais venu
tu étais venu
il était venu
n. étions venus
v. étiez venu(s)
ils étaient venus

単純過去 / 前過去 / 単純未来 / 前未来

je vins
tu vins
il vint
n. vînmes
v. vîntes
ils vinrent

je fus venu
tu fus venu
il fut venu
n. fûmes venus
v. fûtes venu(s)
ils furent venus

je viendrai
tu viendras
il viendra
n. viendrons
v. viendrez
ils viendront

je serai venu
tu seras venu
il sera venu
n. serons venus
v. serez venu(s)
ils seront venus

接続法

現在 / 過去 / 半過去 / 大過去(条件法過去第2形)

je vienne
tu viennes
il vienne
n. venions
v. veniez
ils viennent

je sois venu
tu sois venu
il soit venu
n. soyons venus
v. soyez venu(s)
ils soient venus

je vinsse
tu vinsses
il vînt
n. vinssions
v. vinssiez
ils vinssent

je fusse venu
tu fusses venu
il fût venu
n. fussions venus
v. fussiez venu(s)
ils fussent venus

条件法

現在 / 過去

je viendrais
tu viendrais
il viendrait
n. viendrions
v. viendriez
ils viendraient

je serais venu
tu serais venu
il serait venu
n. serions venus
v. seriez venu(s)
ils seraient venus

命令法

現在 / 過去

(viens)
viens
(viens/venez)
venons
venez
(venez)

(sois venu)
sois venu
(sois/soyez venu)
soyons venus
soyez venu(s)
(soyez venus)

意味・イディオム

自動詞として

1. 来る, (相手のほうへ・相手とともに) 行く
2.【venir 不定詞】~しに来る
3.〔時間が〕来る, 訪れる
4.【venir de ~】~から来る; の出身である, が産地である, に起因する
5.【venir de ce que 直説法】~することによって起こる
6.【De la[D’où] vient que 直説法】それが~の理由である, それで~する
7.【venir de 不定詞】~したばかりである (近接過去)
8.【venir à ~】~に[から]現れる,〔考えなどが〕~に浮かぶ; に至る, に到達する
9. 【venir à 不定詞】たまたま~する, (条件文で) 万一~することがあれば
10.〔物事が〕生じる
11.〔植物が〕育つ

イディオム

à venir … これからの, 将来の (= d’avenir)
en venir à qc[不定詞] … ~するに至る, 最終的に~する, 結局~に言及する
faire venir … を来させる, 呼ぶ, 取り寄せる
laisser venir … を自由に来させる,〔事態, 感情など〕をそのままにする
venir à bien[rien] … 成功[失敗]する
venir au fait … 本題に入る
voir venir … (目的語なしで) 成り行きに任せる, そのままにする
voir venir qn/qc … が来るのが見える, が来るのを予期する, の考えを見抜く
y venir … 最終的に認める, (口語で) かかってくる

非人称動詞として

1.【il vient à A B[de 不定詞]】AにB[~すること]が浮かぶ
2.【il vient à 不定詞 A】Aがたまたま~する

旺文社『プチ・ロワイヤル仏和辞典 [第5版]』を元に作成しています。権利の都合上、一部表記や構成を変更しているほか、省略している内容もあります。詳しい解説、例文等はお手持ちの辞典をご確認ください。

用例集

用例の見方:
引用文. [サイト名(または作者名), 初出年(=参照元の出版年)(, ページ数)] 参考文献番号)
訳文。([訳者名(日本の作品の場合は原著者名), 初出年(=参照元の出版年)(, ページ数)])
★ イディオムなど / ● 活用形・その他ポイントなど

※ 明記されていない限り、訳出・強調・省略は引用者によります。

La start-up française Mistral AI vient de lever 385 millions d’euros. [France24, 2023] 1)
フランスのスタートアップ企業ミストラルAIが、3億8,500万ユーロを調達した
★ venir de 不定詞 … ~したばかりだ
※ 記事の冒頭などで複合過去形の代わりに用いられることがあります。

… a aussi expliqué Adela Efendic, 22 ans, venue enterrer son père, tué à l’âge de 35 ans. [France24, 2017] 2)
35歳で戦死した父親を埋葬しに来た22歳のアデラ・エフェンディクも……と述べた。
★ venir 不定詞 … ~しに来る

Son salut viendra de l’école Kourtrajmé (court-métrage en verlan), fondée par le réalisateur Ladj Ly à Montfermeil (Seine-Saint-Denis), … [France24, 2023] 3)
彼の救済はモンフェルメイユ(セーヌ=サン=ドニ)にラジ・リ監督が創設した、クルトラジュメ(短編映画(クールメトラージュ)を逆さ言葉にしたもの)という学校から来るのだろう
★ venir de A … Aから来る

… mais, comme l’ouragan soufflait toujours, et que la passion se consuma jusqu’aux cendres, et que aucun secours ne vint, qu’aucun soleil ne parut, … [Gustave Flaubert, 1856=1910, p.173] 4)
……しかし、嵐が絶えず吹き荒れ、情熱は燃え尽きて灰になり、助けは一つとしてず、陽光は一筋として現れなかったので、……。
● 直説法単純過去形

Soit. Fais venir ton otage. Et reviens dans trois jours, avant la nuit. [Silvain Chupin, 2020~?] 5)
願いを、聞いた。その身代りを呼ぶがよい。三日目には日没までに帰って来い。 [太宰治, 1940]

Et plus tard un Ange, entrouvrant les portes, viendra ranimer, fidèle et joyeux, les miroirs ternis et les flammes mortes. [Charles Baudelaire, 1857=1976] 6)
それから一人の天使が扉を半開きにして、誠実かつ陽気によみがえらせに来るだろう、光を失った鏡と息絶えた炎を。
★ venir 不定詞 … ~しに来る
※ 読みやすさのため改行を改めています。

Cheveux au vent, elle vient de mettre le feu à son voile qu’elle agite au bout d’un bâton. [France24, 2023] 7)
髪を風になびかせながら、彼女はそのとき、棒の先で振っていたベールに火を放った
★ venir de 不定詞 … ~したばかりだ

参考文献

倉方秀憲, 東郷雄二, 春木仁孝, 大木充, 倉方健作, 『プチ・ロワイヤル仏和辞典 [第5版]』, 旺文社, 2020.

コメント